Do you remember 3.11? ~デンマークに伝える7年目の今~ (English below)

2018年3月11日で、東日本大震災の発生から7年を迎えます。被災地では震災当時よりは復興が進んではいるものの、まだ完全に復興したとは言えない状況ですが、日本人の中でも震災の風化が始まっているのではないでしょうか?また、国外では震災当時のネガティブなイメージのままで、その後の復興の様子が伝えられていないように見受けられます。

そこで、このプロジェクトは岩手県出身という立場から被災地の’今’を伝えたいという思いから、7年が経過する被災地(主に岩手県)の復興状況・課題についてのプレゼンや、東北産の食品の試食などを通じて、被災地の現状をデンマーク在住者に理解してもらうことを目指します。

イベント詳細
2018年3月8日(木)17:00-
場所:コペンハーゲン大学内教室
内容:プレゼンテーション、サヴァ缶の試食

2018年4月28日(日)12:40-13:00
場所:コペンハーゲンさくらまつり会場内 第二ステージ
内容:プレゼンテーション

Do you remember 3.11?
It will have been 7 years in March 2018, since the Great Japan Earthquake and tsunami occurred, and the disaster caused tremendous damage to Tohoku region, including Iwate, Miyagi and Fukushima prefecture. Even though the situation of the disaster is widely known all over the world, the information of re-construction after the earthquake could not enough conveyed and now even people in Japan are less likely to pay attention to the disaster.

Therefore, this project aims to tell people in Denmark the current situation of disaster-stucked area in Tohoku region(mainly focusing on Iwate prefecture), and the attraction of Tohoku. By presenting how the situation of Tohoku, the project would like to raise awareness of the disaster.

One example of the effort of re-construction is ‘Cava Can.’ It was produced to promote re-construction of fishing industry after the disaster. Cava means “how are you?” in French and “mackerel” in Japanese. Cava can is mackerel soaked in olive oil and delicious to eat by itself or on toast or pasta.

Detail of the events
March 8th, 2018 (Thu.) 17:00-
Place: University of Copenhagen,
Content: Presentation and food tasting (Cava can)

April 28th, 2018 (Sun.)
Place: Copenhagen Sakura Festival, Second stage
Content: Presentation

ーーーーーー

Cava缶でイベントを支援しませんか?
詳細:日本語(CAVA缶)・English(Cava)

Cava缶:Cava缶とは、「元気?」という意味のフランス語、Cava?と、日本語のサバを組み合わせて名づけられた、震災後に岩手県産(株)が中心となって開発した洋風のサバの缶詰である。3/8のイベントでは、デンマークの伝統料理・スモーブロー (smørrebrød)に調理したものを提供する予定です。