Photo Credit: Shunsuke Sano

コンテンポラリー・オペラ「影(Skyggen)」は、Forening Japanordicの姉妹団体NPO Japanordicによって2017年に実施された日本とデンマークの国交樹立150周年を記念した、日本-デンマークのアーティストコラボレーションプロジェクトです。

原作は世界的に有名なデンマークの童話作家アンデルセンの残した「影」(1847年)。この”影”の物語をもとに、デンマーク在住の日本人作曲家の吉田文(よしだあや)、世界にも活躍の場を広げる日本人書家の中塚翠涛(なかつかすいとう)、そして新進気鋭のデンマーク人ビジュアルアーティストのマウヌス・ピンドらが初のコラボレーション。日本とデンマークのアーティストたちが創り上げる全く新しい形のコンテンポラリー・オペラを、アンデルセンの眠るアシステンス墓地内のチャペルにて2017年11月16日・17日の二晩に渡り上演いたしました。

原作となるアンデルセンの「影」は、2016年にアンデルセン⽂学賞を受賞された村上春樹⽒の受賞スピーチにて取り上げられ、童話作家と名⾼いアンデルセンが残した最も解釈の分かれる異⾊作と⾔われ注⽬を浴びた作品です。今回のパフォーマンスでは、作曲家吉⽥⽂の独⾃解釈のもと、主⼈公と影の対話を通じた自身のアイデンティティーを問う旅路が現代⾳楽とともに描かれました。また、作曲家・吉田文が本作品にてデンマーク・アート財団の『今年の音楽作品ベスト10』 を受賞しました。

予告編動画はこちら


Performance Information

Title:「影」
Inspired by ハンス・クリスチャン・アンデルセン著、“影(Skyggen)” (1847)

Artists:
作曲: 吉田 文
書: 中塚 翠涛
映像: マウヌス・ピンド・ヴィエア

Singers:
影 [1st ソプラノ]: カリーナ・トゥビア・メッセン
人1 [2nd ソプラノ]: アンヌ・ソフィー・ヨート・ウルナ
人2 [メゾソプラノ]: スワファ・ソルハルスドッティル
人3 [アルト]: クララ・ルシア・チョアセン

Musicians:
指揮: モーテン・リュロン
1st ヴァイオリン: サーナ・カホコネン
2nd ヴァイオリン: 安井 優子
ヴィオラ: イェニ・ロゥニング
チェロ: マリア・イサベル・イドルンド
フルート: マリエ・スンナースコウ
クラリネット: ナタリー・ハリス
パーカッション: インシェ・チェン

Others:
プロデューサー/演出: 吉田 文
脚本・構成: 吉田 文/ 佐野 俊輔/ ソシャ・テペロウスカ
演劇構成: ソシャ・テペロウスカ
照明デザイン: フレデリック・デール・ホウス
ビジュアルアシスタント: カトリーヌ・バーレ・ビードゥベア
衣装: ヘンリック・ヴィブスコフ
ポスター/プログラムデザイン: 小栗 直人
配役・クリエイティブディレクター: ルイーセ・ゴーム
プロジェクトマネジャー: 谷本 明夢

支援・協賛:
All Nippon Airways Co., Ltd
Fukumitsuya Sake Brewery
Janax A/S
JX Nippon ANCI Corporation

A.P. Møller Fonden
Augustinus Fonden
Beckett-Fonden
Dansk Komponistforening
Det Obelske Familiefond
Knud Højgaards Fond
Københavns Kommune
Koda
The Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation
Statens Kunstfond
TOYOTA-FONDEN

後援:
在デンマーク日本大使館

企画・運営:
NPO Japanordic
お問い合わせ先: npojapanordic@gmail.com